マタニティーママの栄養摂取について

マタニティーママさんはちゃんと食べるようにしましょう。
中には食べても気持ち悪くて吐き戻してしまう人もいるかもしれませんが、少しづつでも良いですから、食べましょう。
不思議なことですが「とても食べたくなるもの」が、現れるのです。
私は「氷」がそれでした。気がつくとガリガリ食べていたと思います。

 

 

 

食べれるものを、食べれる時に食べましょう。お産にも、子育てにも力を付けなければいけません。

 

気持ち悪くて食べられない!と言わずに、しっかり食べるようにしましょう。妊娠初期のつわりの症状は人により違うそうですが私の場合は食べづわりになり、何かを口にしていないと気持ちが悪くなっていました。

 

 

脂っこいもの、甘いものは目にするだけで吐き気がしました。

 

 

食べられるのは、うまい棒とホットケーキ、いくつかの野菜だけ。それ以外の物を口にすると吐き気がし、実際に吐いてしまうこともしばしば。このような食生活で十分な栄養が取れているか心配でしたが、妊娠初期はあまり栄養が必要ではないので食べられるものを食べなさいということ。
早くこの苦痛が無くなってって欲しい…毎日そう願ってました。

 

妊娠23週で子宮頚無力症との診断を受け、24週目で頸管縫宿術を受け、自宅安静中で現在34週目です。正産期に入るまではもう少しかかりますが赤ちゃんも2000グラムになるまで成長してくれて、早産になってしまわないかが怖くはありますが、産休に入り、穏やかに日々を送っています。

 

 

ウェブ上で同じく切迫早産やシロッカー手術された方のお話で勇気付けられています。今の安定した状態のまま出産できるよう、残り一カ月弱の妊娠生活を満喫したいと思います。出産直前になると、極力体を動かすようにし、体力をつけてから出産を迎えるように指導されます。
ウォーキングをする事によって血液の流れを良くし、むくみを防止したり、妊娠中毒症を防ぐこともできます。

 

 

出産は予想以上にエネルギーを要するので体力を事前につけておく事が必要となります。
一方、過度な運動をすると、破水する場合や、お腹の張りが強くなってしまったり破水することもありますので、適度に、のんびり気分転換できる程度に留めましょう。切迫早産だった私が妊娠中に気をつけた事は、身体を冷やさないようにという事でした。どんなに暑い夏でも必ず靴下を履き、足首に触れて冷たければレッグウォーマーも履いていました。素足にサンダルなんて以ての外です。

 

 

 

冬場にはカイロを腰に、そしてつま先にもカイロを付けていました。暑い日、冷たい飲み物がどんなに飲みたくても常温の飲み物や、暖かい飲み物ばかり飲んでいました。妊娠後期、目立っては臨月までくると赤ちゃんが子宮の下気味にさがるので胃腸が調子が良くなり、食べる気持ちも沸いてきて体調が良くなるといわれているのですが・・・。

 

 

一方で、体重計と睨み合い。巨大になった子宮が股あたりのリンパと骨盤を押されるような痛みやむくみに気をとられます。

 

 

 

およそ10万円と言われている検診費用で家計が真っ赤な中、お金の負担が少ないように身体の状態をよくできないか。結果、普段の習慣としたいのは30分間のウォーキングに加えYoutubeで見られる50分ほどの安産マタニティーヨガ運動です。
絶えず船酔いのような気持ち悪さが続くつわりは、本当に辛いですよね。症状や期間は人によって全く異なりますが、自分が楽だと思える方法を見つけましょう。初めに、お腹がすくと気持ち悪くなる、時間帯により辛い時がある、などパターンを把握することで対策を立てることが出来ます。ママの中でもお仕事をされている方は、どうしても勤務中に休みたいこともあると思います。まだ安定期に入らず言いにくいでしょうが、少し配慮してもらえるように誰か一人でも構わないので報告をしておけば、いざという時にも配慮してもらえるでしょう。

 

 

大好きな人との間に子供ができるって幸せなことですよね。

 

 

 

妊娠したことがわかった瞬間、33歳2人目妊活の結果をすぐに旦那に伝えましたしかしこの後おそってくる悪阻はとても辛いものでした…。

 

私の場合、朝起きると気持ち悪くてトイレで胃液を吐き、少し朝ごはんを食べるとまた吐き気を催し、日中はベッドから動けず。
夕方は主人の晩御飯を、何度も吐きながら調理し、必死の思いでつくりました。ピーク時は全く作れませんでしたが…。
ですがずっと続くものではないので、産まれてくる赤ちゃんのことを考えつつ、頑張りましょう。

 

 

 

妊娠期間中は第一に妊婦さん本人がイライラしないようにすることが胎児にとっても良いことなのではないでしょうか。それが1人目の子なら特に自分の体の変化や生活環境に慣れず、自分では気づかないうちにストレスがたまっていくと思います。

 

 

 

そんなときに、栄養の偏りがないよう、また赤ちゃんの為にと健康のことを考えるのはもっともですが、無理をして行動、食事の内容に制限をかけることは精神的に負担になっていいことは無いと思います。

 

まずはゆったりとした心持で過ごせることが大切だと思います。

 

自分の体に起こる奇跡、それが妊娠だと思います。

 

赤ちゃんを授かったことは非常に嬉しいことだと思います。

 

妊婦さんの検診ではエコーを使った検査をしますよね。

 

 

順調に赤ちゃんが大きくなっているかを診る件さですが、男の子か、女の子かも分かりますよね。赤ちゃんが男の子、女の子どちらか気になる人も多いでしょう。希望していた方の性別とは異なっていてもがっかりしないで下さいね。我が子は世界一かわいいです。